メルマガ建築・リフォームの専門家

収納リフォームの悩みと解決策【建築リフォーム】第362回メルマガ

収納リフォームの悩みと解決策について簡潔にお答えします!

今回のメルマガ担当は、建築・リフォーム担当の中村です。

秋模様もちらつく季節となりました。

過ごしやすい気候の日もありますが、未だに猛暑の日があります。

寒暖差が激しい日が多いですので、体調管理に気を付け過ごしていきたいですね。

収納リフォーム

悩み1
散らかった洗濯物を人に見られたくない

解決策
家事スペースを作りリビングをスッキリ!

ポイント1
家事スペースおしての作業台はダイニングテーブルと同じ高さが便利です。ダイニングテーブルの高さは平均的に70cm前後。物書きや裁縫などの作業にも快適です。

ポイント2
作業台はアイロン台を置けるサイズにし、同時にアイロン台を収納できるよう、デットスペースを有効活用しましょう。引出型や縦置き型の商品ラインナップがありますのでお勧めします。

ポイント3
引き出しや棚を作り、小物や裁縫道具、アイロン。そして細かい文具品などが多い方は、家事スペースを工夫した設計をしましょう。

悩み2
掃除道具は種類も多く置き場所の確保が大変

解決策
生活の中心に掃除道具をまとめましょう!

ポイント1
収納の間口は掃除機のサイズに合わせましょう。掃除道具の収納で大事なのは、奥行きよりも間口です。取り出しやすく、収納しやすい設計にしましょう。

ポイント2
毎日使うものと、使わないものによって収納位置を変えると便利です。年に1回の大掃除道具は一箇所にまとめ、日常使う雑巾やモップなどは取り出しやすい位置に収納できるよう設計しましょう。

悩み3
雨の日のリビングが洗濯ものだらけで、くつろげない

解決策
室内物干しの空間を確保!

ポイント1
室内干しはもちろんですが、コートの一時掛けにもハンガーパイプの設置をお勧めします。本数は家族構成にあわせて設計しましょう。

ポイント2
洗濯物をたためて、仮置きできるカウンターがあると便利です。さらに使わない時には収納できるように設計することをお勧めします。見た目もスッキリします。

ポイント3
換気扇や窓があれば湿気がこもらず、カビなどの心配もなくなります。換気扇はデザイン性のあるものを選べばおしゃれな空間スペースになります。

今後、収納リフォームをお考えの方は「広いスペースでなくても」機能的に設計することが重要なポイントになりますので、計画的に進めたいですね。

中村 寧のプロフィール
材木屋の長男として生まれ育つ
10歳の頃より父の会社を継ぐことを志す
学生時代は勉強と言うよりスポーツと遊びに明け暮れる
平成5年に社会へ出て5年間サラリーマン時代を過ごす
平成10年に株式会社大功へ入社

株式会社大功では材木を中心に建築資材販売を営みながらリフォーム事業に進出する

メルマガの内容に関するお問い合わせ先
http://www.smile-family.jp/info

複数分野の専門家がくらしの中のお困りごとを解決する「すまいるファミリー」です。
松戸で「住宅ローン・税金・保険・リフォーム・不動産」にお困りの方、
専門家が無料相談に応じます。
ご興味・ご相談がありましたら、HPよりお問い合わせください。
http://www.smile-family.jp/