メルマガローンの専門家

住宅ローンで借りたのに…【住宅ローン】第427回メルマガ

こんにちは。

聞いてみてよかった!
松戸のくらしのプロ集団『すまいるファミリー』です。

今回のメルマガ担当は、

住宅ローン専門FPの中村諭(CFP®認定者)です。

令和元年最初の年末ですね。

今年も1年、ご愛顧いただきありがとうございました。

元号が変わるという、祈念すべき年、皆さまはどのような1年間でしたか。

何か記念に残る(記憶に残る)ような出来事はありましたか?

ちなみに我が家は、記憶に残る食事会を開催してみました。

「令和元年」この良い響き、まだあと数日あります。

この数日間に、記憶に残るイベントをしてみてはいかがでしょうか?

人生は「思い出」の積み重ねでできている。そう思うので。

【住宅ローンで借りたのに…】

「住宅ローン」を担当しています中村諭(CFP認定者)です。

令和になってから増えているご相談の事例をご紹介します。

それは。。。

「住宅ローン」の名目で銀行からお金を借りていたが、何らかの理由で、

自分は住まなくなったマンションを他人に貸して、家賃収入を得ている人からの相談です。

銀行からは「約束と違う」として、一括返済を求められています。

それはそうですよね。

「住宅ローン」は融資をしたお客様自身が住むためのローン。

それを違う目的(投資や事業)に廻されたら、銀行は怒ります。

そして、なぜ銀行に実態がバレたのかというと、銀行は現在、現地調査に廻っているからです。

でも、一括で返済しろと言われても、数千万円というお金、すぐには用意できませんよね。

対策を考えなければなりません。

その対策は「住宅ローン→アパートローン」への借り換えをすることです。

住宅ローンを借りている同じ銀行内で相談できるケースもあれば、できないケースもあります。

(何しろ銀行は怒っていますので、「良い条件で次の融資をしてくれるのか?」微妙ですよね。)

また、名称こそに似ているものの、「アパートローン」は「住宅ローン」とは、

審査基準も金利水準も大きく異なります。

住宅ローンを借りられたからと言って、アパートローンもすんなりと借りられると思ったら、大間違いです。

最近は、会社員の不動産投資の相談を受け付けない金融機関が増えていますので、

やみくもに相談に行っても門前払いされる可能性が高いです。

ポイントは「あなたの年収、マンションの価値・築年数・収益力」を見極めて、

審査を受け付けてくれそうな金融機関を吟味してから、相談に行くこと。

まだ、銀行から連絡はないけど、何か言われるより先に対処したい人、

ご相談を受け付けています。下記から、お気軽にお問い合わせください。

すまいるファミリー株式会社の無料メール相談/このメルマガの内容に関するお問い合わせ先:
http://www.smile-family.jp/info

今年も1年、メールマガジンにお付き合いをありがとうございました。

令和元年12月

中村諭(CFP認定者)

~中村 諭のプロフィール~

住宅ローンソムリエ🄬という、「住宅ローンの専門家」というビジネスモデルで、千葉県から経営革新計画の承認を受けたFP事務所の代表をしております。

趣味は家族で休日に行うBBQです。最近、子供たちが火起こしも出来るようになり成長が嬉しい限りです。

メルマガの内容に関するお問い合わせ先
http://www.smile-family.jp/info

複数分野の専門家がくらしの中のお困りごとを解決する「すまいるファミリー」です。
松戸で「住宅ローン・税金・保険・リフォーム・不動産」にお困りの方、専門家が無料相談に応じます。
ご興味・ご相談がありましたら、HPよりお問い合わせください。
http://www.smile-family.jp/