メルマガローンの専門家

新型コロナウィルスが家計に与える影響【住宅ローン】第439回メルマガ

こんにちは。

聞いてみてよかった!
松戸のくらしのプロ集団『すまいるファミリー』です。

今回のメルマガ担当は、

住宅ローン専門FPの中村諭(CFP®認定者)です。

みなさん、ご自身やご家族、ご友人等の体調は大丈夫でしょうか?

ウィルス対策として、自分にできることは「しっかりと手を洗うこと、うがいをすること」

まずはここからですね。

ウィルスに気持ちだけは負けないように、がんばりましょう。

自宅待機の時間が長くなっている子供たちもストレスが溜まる一方なので、

親子で散歩なんかも良いですね。

【新型コロナウィルスが家計に与える影響】

まだ個人の家計にまでは、大きな影響はないと思いますが、飲食業界や旅行業界、

エンタメ業界など、人が集まることで収益が上がる仕事の人たちはとても影響があります。

企業に今できることは「耐えること」。

そして、耐えるための「資金繰り」です。

企業はこれから先、しばらく「耐える」期間が長くなりそうです。

すると、今度はそこでは働くスタッフにも影響が出てきます。

勤務先の業績が悪化すると所得が減ってきます。

リモートワーク、テレワークが続くことで、残業代がでなくなり所得が減ってきます。

ボーナスが出なくなることで所得が減ってきます。

売上高によって給与額が変わる業種の人はダイレクトに所得が減ります。

家計にも影響が出てくることは避けられません。

家計に“今”できる、対策を考えておきましょう。

~今できること~

ボーナスで支払う予定の支出
夏のボーナスが出る前にボーナスで支払う予定金額を書き出しておきましょう。

その時になって、「口座残高が足りない・・・」なんてことが無いように。

住宅ローンのボーナス返済が遅れると、個人信用情報に記録されてしまいます。

家計の固定費を下げておくこと
具体的には、次のような固定費見直しをしましょう。

□ 携帯電話を格安携帯に変更する

□ 電気料金の支払いを変える

□ 住宅ローンを見直す

□ 保険を見直す

最優先で取り組むべきは「手元の現金(銀行の普通預金で可)」を貯めこむことです。

現金さえあれば、乗り越えられます。

例えば「住宅ローン」の返済期間を延ばすことで、毎月の返済額は大きく抑えられます。

今は、いったん期間を延長して、安心できる環境になったら、繰上げ返済をしていけば

ローンは元に戻せます。そして、ボーナス返済もやめにしたいところです。

返済期間延長の対策を取りたい人は、下記の問い合わせフォームからご相談ください。

※ やみくもに「返済期間を延ばしたい」と銀行に相談に行くことはお勧めしません

※ 正しい準備をしないと、銀行のブラックリストに乗ってしまう可能性があります

私自身は、20年以上使っていたソフトバンクから、格安スマホに乗り換えました。

一緒にこの困難な時期を乗り越えましょう。

~中村 諭のプロフィール~

住宅ローンソムリエ🄬という、「住宅ローンの専門家」というビジネスモデルで、千葉県から経営革新計画の承認を受けたFP事務所の代表をしております。

趣味は家族で休日に行うBBQです。最近、子供たちが火起こしも出来るようになり成長が嬉しい限りです。

メルマガの内容に関するお問い合わせ先
http://www.smile-family.jp/info

複数分野の専門家がくらしの中のお困りごとを解決する「すまいるファミリー」です。
松戸で「住宅ローン・税金・保険・リフォーム・不動産」にお困りの方、専門家が無料相談に応じます。
ご興味・ご相談がありましたら、HPよりお問い合わせください。
http://www.smile-family.jp/