松戸で住宅ローン・税金・保険・リフォーム・不動産にお困りの方、専門家が無料相談に応じます。

ホーム > ブログトップ

【メルマガ】~第323号~【 税制改正 】


こんにちは。

聞いてみてよかった!
松戸のくらしのプロ集団『すまいるファミリー』です。

◇◆ 今回のメルマガ担当は、税金担当の田中です ◆◇
http://www.smile-family.jp/team/profile04/index.html#a_path

すっかり年末らしくなりました。
私たちは、お客様の年末調整の計算に大忙しです。

【 税制改正 】

さて今回は、年末になるとニュースで取り上げられる
税制改正についてです。

ニュースタイトルで多いのが ・・ 年収850万円超で増税 控除見直し

これは案です。確定するのは来年開かれます通常国会です。
過去には決まらなかったことがありましたが、
今は自民党の一党独裁ですから確定だと思います。

今回のポイントは、サラリーマンの所得の計算で使われる
給与所得控除の改正の話しと、基礎控除額を38万円から
10万円引き上げられる点だと思います。

どこの部分の話しなのか確認していきましょう。

給与収入の方の税金の計算
 給与収入- 給与所得控除 = 給与所得 
         ↑
  ここの部分が改正になる。

従って、個人事業者や不動産収入の方は関係ありません。

次に基礎控除が増えます。

 所得- 基礎控除 = 課税される所得 
       ↓
  ここの部分が改正になる。

給与所得者は、所得控除が減って基礎控除が増えるので基本的には
プラスマイナス・・ゼロ

他の事業所得者などは基礎控除が増えるので減税になります。

まだこれから変わっていくので注目したいですね。

(まとめ)
今回の改正は給与所得控除を少なくして、所得を増やし
税金が増える仕組みに変えるという話しです。

従って、給与所得のサラリーマンは増税になるが、
個人の事業者や不動産収入の方は今まで通り。

反対に、基礎控除が10万円引き上げられ38万円から48万円になりますので
(但し高額所得者は、反対に減額される)

今のところの案では、給与収入以外の方は、減税となる。

~ プロフィール ~

出身:北海道 
流氷の来る紋別の近くで生まれました。
大学は、工学部でしたが合わなくて、
途中から税理士の道に入りました。
常にポジティブ発想、
ポジティブ行動がモットーです。

メルマガの内容に関するお問い合わせ先
http://www.smile-family.jp/info/index.html

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

複数分野の専門家がくらしの中のお困りごとを解決する
「すまいるファミリー」です。
松戸で「住宅ローン・税金・保険・リフォーム・不動産・法律」にお困りの方、
専門家が無料相談に応じます。
ご興味・ご相談がありましたら、下記HPをご覧ください。

http://www.smile-family.jp/

【メルマガ】~第322号~【 人生100年構想!? 】


こんにちは。
聞いてみてよかった!
松戸のくらしのプロ集団『すまいるファミリー』です。

◇◆ 今回のメルマガ担当は保険担当の山野井です ◆◇
http://www.smile-family.jp/team/index.html#a_path

先日、人生初で父親と旅行に行ってきました。

色々とあった人生ですが、何だかんだ言っても
今の自分があるのは親のお蔭です。

残りの人生できるうちにできるだけの親孝行はしようと思います。

何をするでもなくゆっくりとした一泊旅行でしたが、本当にいい時間でした!

喜んでくれた親に逆に感謝です。

それでは今週のテーマです。

【人生100年構想!?】

最近よく耳にする言葉です。

しかし、お金の観点から考えるとなかなか大変です。

というのも22歳から働いて60歳で定年だとすると38年間、
そこから100歳まで40年あるわけですから、
一生分の生活費を約半分の期間で賄わないといけないからです。

大雑把にいうと毎月の収入の半分で生活して、
残りの半分を将来の為に蓄えておかないといけないわけですが、
普通は難しいですよね。

そこで注目されているのが、政府が推し進める『資産形成』!

人生100年構想を掲げても、今の社会保障を続ける事は困難なので、
個人が投資などで資産を増やし長生きに備えようという取り組みです。

真剣に『資産形成』を考えないと、これからの人生に対する
本当の意味での安心・安全は得られないと思います。

日本ではこれだけ生命保険が普及していて、
かつある程度しっかりと加入している人が多いにもかかわらず、
それでもなお不安に感じるのはなぜか。

それは人生の中で起こりうる【万が一】には備えてても、
【長生きした場合の備え】はできていないからです。

ちなみに、現在の生命保険には『資産形成』ができる商品がたくさんあります。

一度、専門家に話しを聞かれてみるといいですよ。

ご参考まで!

~山野井章のプロフィール~

出身:野田市
中学から大学まで陸上競技の走高跳びをやっておりました。
一応2M以上は飛んでました。
仕事に対しては生真面目だと自分では思っておりますが、
プライベートでは結構ファジーな方です(笑)

メルマガの内容に関するお問い合わせ先
http://www.smile-family.jp/info/index.html

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

複数分野の専門家がくらしの中のお困りごとを解決する
「すまいるファミリー」です。
松戸で「住宅ローン・税金・保険・リフォーム・不動産・法律」にお困りの方、
専門家が無料相談に応じます。
ご興味・ご相談がありましたら、下記HPをご覧ください。

http://www.smile-family.jp/

【メルマガ】~第321号~【 危険運転 】


こんにちは。

聞いてみてよかった!
松戸のくらしのプロ集団『すまいるファミリー』です。

◇◆ 今回のメルマガ担当は、法律担当の大原です ◆◇
http://www.smile-family.jp/team/profile06/index.html#a_path

みなさま
いよいよ今年も残り1か月となりました。
今年の問題は今年のうちに解決できるように、
もう一踏ん張り頑張りましょう。

【 危険運転 】

さて、今回は危険運転のお話しです。

近頃テレビでは、危険運転致死傷罪(刑法208条の2)に関係する事件が
頻繁に報道されています。
もちろん重大な犯罪ですから、マスコミの方も詳細を徹底的に調査して
正確な報道を期待したいところです。

この危険運転致死傷罪は、飲酒や薬物などによる制御困難運転(1項)と、
高度の危険を有する通行妨害運転(2項)に分かれており、
人を負傷させた場合には1月以上15年以下の懲役刑、
死亡させた場合には1年以上20年以下の懲役刑となります。

相手方から煽られてしまった際には、人気のあるところに駐車をして、
車から降りずに110番通報をするようにして下さい。

また事案によっては、正直どちらが加害者で、どちらが被害者なのか
分からないような話もありますが、加害者側には厳罰が待っていますので、
安易な脅迫行為や暴力行為は厳禁です。

これから年末にかけて慌ただしくなると、どこか気持ちも焦りがちになり、
些細なことでも感情的になることもありますが、とにかく
落ち着いて対処できるように心がけましょう。

~ プロフィール ~

松戸市新松戸で大原綜合法律事務所を
開業しております弁護士の大原です。

当事務所では、相談者の皆様にキメの細かいリーガルサービスを、
早く、できるだけ安く、そして親切丁寧に提供したいと思っています。
あわせて、弁護士として、地域の皆様の為に何ができるかを考え、
積極的に地域貢献活動に参加して行きます。

メルマガの内容に関するお問い合わせ先
http://www.smile-family.jp/info/index.html

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

複数分野の専門家がくらしの中のお困りごとを解決する「すまいるファミリー」です。
松戸で「住宅ローン・税金・保険・リフォーム・不動産」にお困りの方、
専門家が無料相談に応じます。
ご興味・ご相談がありましたら、下記HPをご覧ください。

http://www.smile-family.jp/

【メルマガ】~第320号~【 介護住宅リフォーム 】

  • 2017年11月24日
  • カテゴリー : 未分類

こんにちは。

聞いてみてよかった!
松戸のくらしのプロ集団『すまいるファミリー』です。

◇◆ 今回のメルマガ担当は、建築・リフォーム担当の中村です ◆◇
http://www.smile-family.jp/team/profile03/index.html#a_path

今年も残り1ヵ月半になりました、木枯らしも吹き冬まっしぐらです。

寒くなると身体を動かすのも少なくなりますし、家の中で過ごす時間が増えてきます。

そこで今回のテーマは家の中で生活しやすくするための

介護住宅リフォームについてです。

【 介護住宅リフォーム 】

●介護住宅リフォームの種類

1) 手すりの取り付け

廊下・便所・浴室・玄関・玄関から道路までの通路等に転倒予防の為に設置する工事。

2) 段差の解消

敷居を低くする・スロープを設置・浴室のかさ上げをする工事。

3) 滑りの防止及び移動の円滑化等のための、床又は通路面の材料の変更。

畳敷きから板製床材やビニル系床材などへの変更、
浴室の床を滑りにくいものへの変更。

4) 引き戸等への扉の取り替え

開き戸を引き戸、折り戸、アコーディオンカーテンに取り替える等、扉全体を交換する。
また、ドアノブの変更、戸車の設置工事。

5) 洋式便器等への便器の取り替え

和式便器から洋式便器に取り替え工事。

6) その他1)から5)の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

手すりの取り付け、床材変更に伴う下地補強・浴室の床かさ上げ、
便器交換に伴う給排水設備工事・扉の取り替えに伴う壁または柱の改修工事など。

今回、ご紹介した工事は介護保険(介護認定が必要)の支給対象となる
改修工事の一例です。

介護保険については松戸市やお住まいの地域の福祉事務所に
ご確認してみてはいかがでしょうか?

~ 中村 寧プロフィール ~

材木屋の長男として生まれ育つ
10歳の頃より父の会社を継ぐことを志す

学生時代は勉強と言うよりスポーツと遊びに明け暮れる

平成5年に社会へ出て5年間サラリーマン時代を過ごす
平成10年に株式会社大功へ入社

株式会社大功では材木を中心に建築資材販売を営みながら
リフォーム事業に進出する

メルマガの内容に関するお問い合わせ先
http://www.smile-family.jp/info/index.html

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

複数分野の専門家がくらしの中のお困りごとを解決する「すまいるファミリー」です。
松戸で「住宅ローン・税金・保険・リフォーム・不動産」にお困りの方、
専門家が無料相談に応じます。
ご興味・ご相談がありましたら、下記HPをご覧ください。

http://www.smile-family.jp/

【メルマガ】~第319号~【 教育資金づくり 】

  • 2017年11月16日
  • カテゴリー : 未分類

こんにちは。

聞いてみてよかった!
松戸のくらしのプロ集団『すまいるファミリー』です。

◇◆ 今回のメルマガ担当は住宅ローン担当の中村諭です ◆◇
http://www.smile-family.jp/team/profile02/index.html#a_path

【 ハロウィンは楽しみましたか? 】
 

10月は年々、町中がオレンジのカボチャで賑わいを増してきていますね。

経済効果はクリスマス商戦よりも大きいのだとか。

皆さんは、どのような10月末のハロウィンを過ごしましたか?

 

私は、以前にTBSラジオに出演させて頂いたことがきっかけで、

その年から、毎年、10月末はTBSのアナウンサーさんが主宰する

ボランティア団体の「ハロウィン・チャリティ・パーティ」に参加しています。

 

参加費用は安くは無いのですが、その収益が全て、チャリティに廻りますし、

参加者もタレントやスポーツ選手、ミュージシャンなど。

今年は、当社のスタッフ総出で、楽しく、参加させて頂きました。

楽しみながら、チャリティに参加できるイベントは素敵ですね、

このような場がもっと増えると良いなと思います。

 

でも、この「楽しみながら」のチャリティは、「ふるさと納税」も同じかもしれません。

日本中に【寄付】の文化が根付くこと、楽しみながら寄付することは良い事だと思います。

【 教育資金づくり 】

 

住宅購入の「お金の相談」に来られる人に、

人生の三大費用についてお話しする事があります。

 

三大費用とは[1.住宅関係費 2.教育費 3.老後の生活費]を言うのですが、

この3つを考えずに、今現在の年収を基準に住宅ローンを借りてしまうと、

教育費や老後の生活費に支障をきたしてしまいます。

 

住宅ローンだけを考えていては、将来、家計が破たんしてしまうかも知れないのです。

つまり、住宅購入時には、あなたの家族の『教育費』についても

一緒に考える必要があるのです。

 

さて、今回のテーマの『教育費』の資金づくり。

とてもハードルが高そうですが、実は、誰にでも簡単にできる方法があります。

本日は、『教育資金作りの王道』ともいえる方法をお伝えします。

1. 教育資金づくりの基本「児童手当」

児童手当で受け取れる額は、0歳から15歳までの総額で198万円になります。

その内訳は、「15,000円×3歳までの3年間」と「10,000円×3歳から15歳までの12年間」です。

所得の高いご家庭や第3子が居るご家庭ではこの限りではありませんが、

200万円も貯まると、入学初年度の必要費用は賄えそうですね。

お子様が産まれた時の申請は、多くの人が出生届と同時に行うと思いますが、

引越しをした場合は注意が必要です。申請をお忘れなく。

2. 公的な助成金の活用

子育てには本当にお金がかかります。

子供1人につき、2000万円とも言われます。

使える補助金や助成金、奨学金などの情報も収集はとても大切です。

次回は、これらの情報をお伝えできればと思います。

~プロフィール~

中村 諭(CFP認定者)

住宅ローンソムリエ(R)という、「住宅ローンの専門家」というビジネスモデルで、
千葉県から経営革新計画の承認を受けたFP事務所の代表をしております。

趣味は家族で休日に行う、BBQです。
最近、子供たちが火起こしも出来るようになり成長が嬉しい限りです。

メルマガの内容に関するお問い合わせ先
http://www.smile-family.jp/info/index.html

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

複数分野の専門家がくらしの中のお困りごとを解決する「すまいるファミリー」です。
松戸で「住宅ローン・税金・保険・リフォーム・不動産」にお困りの方、
専門家が無料相談に応じます。
ご興味・ご相談がありましたら、下記HPをご覧ください。

http://www.smile-family.jp/

Copyright © SmileFamiliy All rights reserved.