松戸で住宅ローン・税金・保険・リフォーム・不動産にお困りの方、専門家が無料相談に応じます。

8月 2011年 の記事

【ひとこと】 2011年10月からの住宅ローンの選び方


フラット35sの1.0%金利優遇の受付けが2011年9月で終了します。

この1.0%優遇の効果はとても大きく、住宅ローンをこれから組もうとする人はまずフラット35sを使えるか否かから検討したのではないでしょうか。

実際の住宅ローン相談でも、『「フラット35s」と「変動金利」のどちらにするか?』で悩んでいる方が多くいらっしゃいました。

でも、2011年10月からはフラット35sの金利優遇は0.3%と縮小します。
正しくは、縮小ではなく元に戻るだけなのですが、消費者心理としては「縮小」ですね。

さて、フラット35sの金利優遇幅が縮小した2011年10月以降の住宅ローンの選び方ですが、私は「10年固定」が主流になると考えています。

2011年10月からのローン選びの主な対象は「変動金利」「10年固定」「フラット35s」となるでしょう。
このときに、「フラット35s」は、団体信用生命保険料が私たちの自己負担です。「変動金利」や「10年固定」を選ぶ方は、金融機関が保険料を支払ってくれます。

この差はとても大きい。

また、最初から繰上げ返済を考えてローンを組もうと検討中の方も多くいらっしゃいます。
「フラット35s」の繰上げ返済は100万円からの受付けなので、とてもハードルが高いのです。

2011年9月までは、各金融機関は「フラット35s」に対抗するためにも「変動金利」の金利引き下げで、住宅ローンの獲得競争を繰り広げてきました。しかし、10月以降はこれまで「フラット35s」を考えていたお客様層にアピールするためにも『「10年固定」の金利引き下げでの競争が始まるのでは?』と思うのです。

2011年10月以降は各金融機関の「10年固定」の金利に注目。

このように考えているのですが、さて、どうなりますか。
『住宅ローンソムリエ®』(有)信共 代表取締役 中村 諭
モーゲージプランナー[SCMP] / ファイナンシャルプランナー[CFP(R)]
http://www.shinkyo-jp.com/

 

【ひとこと】 2011年8月 月例会議を行いました


2011年8月 月例会議先月ブログで『「メールマガジン」をやっと発行できるようになりました』とお伝えしていましたのに。。。

お待たせして申し訳ありません。

 

本日(2011/08/25)の登録専門家の月例会議で、今度こそ、9月中にお手元にお届けできるように決まりました。

設立間もない生まれたての会社のため、できるだけ固定費を削減しようと、試行錯誤しながら自前でやっているため、

ひとつ不具合が生じれば、その対応に追われて。。。

 

 

言い訳は無しですね。

メルマガの第1号に既に登録して下さっている皆様。

お待たせして、本当に申し訳ありません。

9月からは毎週、毎週、違う分野の専門家から、異なるテーマで「住まいに関する」メールマガジンが届きます。

内容には自信がありますので、心待ちに、あたたかい目で今後も応援下さいませ。

 

 

すまいるファミリー事務局

 

Copyright © SmileFamiliy All rights reserved.