松戸で住宅ローン・税金・保険・リフォーム・不動産にお困りの方、専門家が無料相談に応じます。

11月 2012年 の記事

【メルマガ】 ~第66号~ 売却できない


こんにちは。
聞いてみてよかった!
松戸のくらしのプロ集団『すまいるファミリー』です。

 

前回の田中先生のメルマガの中で遺産分割協議書のお話しがありました。
相続発生時にきちんと相続登記をしていないと、後々大変な苦労をして
しまうという内容でしたが、不動産売買でも相続登記をしていなかったが
故に取引が上手くいかなくなってしまう場合があります。

 

基本的に相続登記されていない不動産の取引はできません。
何故なら売主がこの世に存在していないからです。

 

不動産の所有者は登記名義人です。
例えば、所有者が亡くなり息子がその不動産を管理しているという実状が
あったとしても、不動産取引の際の売主にはなれません。

 

そこで前述の相続発生~遺産分割協議~相続登記が必要になってきます。
誰がその不動産の所有権を引き継いだのかを登記簿上で明示するのです。

 

ただし、後から相続登記をする場合、時間と費用が余計にかかります。
遺産分割協議をする際には亡くなられた方の生い立ちから亡くなられた時
までの追跡調査が行われます。
もしかしたら隠し子がいて相続人が増えてしまうかもしれません。
ドラマのようですが実際にありえます。

 

登記までにかかる時間も一ヶ月、調査が困難になれば長期間掛かる場合も
ありますし、費用も数十万円掛かる場合もあります。

 

知らずに取引を進めてしまえば、買主を待たせることになったり、相続登記
費用にお金を取られ思うような手取り額が得られなくなる場合もあります。

 

相続登記をしていない不動産は意外にあります。
不動産売却を検討している際には、まず登記名義人を確認してみましょう。
もし、故人名義のままであれば、売却より相続登記が先決です。

===================================

複数分野の専門家がくらしの中のお困りごとを解決する「すまいるファミリー」です。
松戸で「住宅ローン・税金・保険・リフォーム・不動産」にお困りの方、
専門家が無料相談に応じます。
ご興味・ご相談がありましたら、下記HPをご覧ください。

http://www.smile-family.jp/

 

 

【メルマガ】 ~第65号~ 相続税よりも大切なこと


こんにちは。
聞いてみてよかった!
松戸のくらしのプロ集団『すまいるファミリー』です。

 

高齢化の影響によって、相続が年々増加しています。
前回は、相続税の計算に含まれる意外な財産について取り上げました。
今回は私たちが受ける相談の中には、相続税の計算の話より、まずは相続を考えて
少し整理した方が良いのではと思うことがあります。
これについて、紹介をしていきたいと思います。

 

【土地の名義について確認はしておりますか?】

 

相続が起きた後に、謄本を取り寄せますと土地の名義が亡くなられた方のではない事
があります。祖父などが亡くなった後、名義をそのままに放置するケースです。
先祖代々守ってきた土地で、今まで相続税なんて関係ないというケースの場合に多い
と聞いております。
相続後、その方の所有物である事は事実かも知れませんが、法的には遺産分割協議書
を作成していませんと名義が変更できないことになっております。

 

さて、問題は名義が祖父等のままですと遡って、その時の相続人たちの合意の印鑑が
必要になることです。具体的には司法書士の方に奔走してもらうケースが多いようですが、
もう殆どお付き合いをしていない親戚の方から、印鑑を頂かなければならないケースも
でます。

 

何代遡るのか、印鑑をもらう方が亡くなっている場合には、その相続人となりますので、
ケースによっては、十数人の方から印鑑をもらうケースや海外に行かれている方から
印鑑をもらうケースなど様々な事が起こります。

 

相続税は関係がないという方も、
一度ご自分の財産をチェックされてみては如何でしょうか。

===================================

複数分野の専門家がくらしの中のお困りごとを解決する「すまいるファミリー」です。
松戸で「住宅ローン・税金・保険・リフォーム・不動産」にお困りの方、
専門家が無料相談に応じます。
ご興味・ご相談がありましたら、下記HPをご覧ください。

http://www.smile-family.jp/

 

 

【メルマガ】 ~第64号~ リフォーム時期の目安ご紹介


こんにちは。
聞いてみてよかった!
松戸のくらしのプロ集団『すまいるファミリー』です。

 

もちろん不具合が出たら考えなくてはなりませんが、何か後々問題が出てくる前に工事をした方が
良いのも事実です。

 

・ システムキッチン    15~20年

・ 壁紙の張り替え      5~15年

・ ユニットバス      20~30年

・ 吹き付け外壁の修繕    8~15年

・ 給排水管の交換     15~20年

・ タイル貼り外壁の修繕  10~15年  等

 

あくまでも目安としてお考えください。

 

壊れたから修理するのではなく保護管理するとお考えください。
人の体と同じです。
体調が優れない時は病院へ行って治療した方が長引かないですよね!

===================================

複数分野の専門家がくらしの中のお困りごとを解決する「すまいるファミリー」です。
松戸で「住宅ローン・税金・保険・リフォーム・不動産」にお困りの方、
専門家が無料相談に応じます。
ご興味・ご相談がありましたら、下記HPをご覧ください。

http://www.smile-family.jp/

 

 

【メルマガ】 ~第63号~ 高額療養費について


こんにちは。
聞いてみてよかった!
松戸のくらしのプロ集団『すまいるファミリー』です。

 

今回は私が生命保険をご提案する際によくご説明することがある
『高額療養費』についてです。

 

高額療養費とは簡単に説明すると病院などの窓口で支払う医療費が
一定額以上の高額になった場合、
その超えた部分を公的保険組合が
支払ってくれる制度です。

 

要するに一定額以上の治療費は公的機関が補償してくれますので、
そのあたりのことも理解し、生命保険は検討した方が良いということです。

 

ただし、いくつかの要件があります。

(1)同じ人・同じ月・同じ病院が条件
(2)年齢や所得で自己負担額が変わる

 

これらの条件から、ある決まった計算方法で自己負担額が決定します。
詳細はこちら(厚生労働省HP)

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/juuyou/kougakuiryou/index.html

 

 

かなり厚い補償ですので、知らないで申請し忘れたなんてことにならないようにご注意を!

 

ただし、差額ベッド代、入院時の食事代、先進医療の技術料、交通費等は対象外ですし、
仕事が出来ない間の生活補償等も考えると民間保険も当然検討すべきだと思います。

 

あらゆることを考え、理解納得しご検討することが一番です。

 

生命保険検討時の参考まで。

===================================

複数分野の専門家がくらしの中のお困りごとを解決する「すまいるファミリー」です。
松戸で「住宅ローン・税金・保険・リフォーム・不動産」にお困りの方、
専門家が無料相談に応じます。
ご興味・ご相談がありましたら、下記HPをご覧ください。

http://www.smile-family.jp/

 

 

【メルマガ】 ~第62号~ (千葉県松戸市、40 代男性) 昨年、築35 年の中古物件を購入しました。 そこにはブロック塀があるのですが、年数もかなり経過しているので、 地震による倒壊と、その結果、お隣さんにご迷惑を掛ける恐れがあります。 そこで、質問ですが、隣家に損害を与えてしまった場合に補償してくれる 保険(地震保険等)はありますか? 現在は火災保険には加入していますが、家屋のみの補償です。 火災保険に追加の地震保険ではなく、できればこれ単独で加入できる保険が あれば入りたいと思います。

こんにちは。
聞いてみてよかった!
松戸のくらしのプロ集団『すまいるファミリー』です。

 

(5分野の専門家からの回答です)

 

【保険の専門家からの回答】
ご相談者様はじめまして。専門分野「保険」を担当しております山野井 章 です。
宜しくお願いいたします。

保険はかけ方がいくつもあるのですが、一番分かりやすく安価な商品は
『個人賠償責任保険』 もしくは『生活賠償責任保険』になります。
(保険会社によって商品名は異なります)

この商品は
住宅の所有・管理または管理に起因する偶然な事故、
日常生活に起因する偶然な事故によって、他人にケガをさせたり、
他人の物を壊した等の法律上の賠償責任を負う場合に対象になります。

例えば、
・ご質問にもあったような自宅ブロックの管理ミスにより隣家に損害を
与えてしまった
・飼っている犬が他人に噛みついてしまった
・自転車走行中、他人を怪我させてしまった
・お店の商品を誤って落として壊してしまった 等々

 

しかし『免責事由』(お支払いできない主な場合)があります。
・契約者(被保険者)の故意
・戦争、内乱、類似の事変によった損害
・地震、噴火、津波等の天災によって生じた損害

 

地震については誰の責任でもない不可抗力ですので、
ご自身のブロックが倒壊したとしても損害賠償責任が発生しないという
考えになりますので、保険でお支払いすることは出来ません。

 

しかし、ちょっとした風でも倒れるようなブロックの状態で、その管理を
怠っていたということになれば支払い義務は発生する可能性は大でしょう。

 

非常に分かりづらいですが、要は所有者にどこまで責任があるかどうかと
いうことです。

 

賠償責任とは、裁判になって責任ありとなった場合は必ずお支払いしない
といけないものですので、
私の個人的意見としては、個人の場合は最優先に加入した方が良いと考え
られる商品になります。
安価ですし、現在は示談交渉付きの商品もございますので。

 

ご参考まで。

 

 

【建築・リフォームの専門家からの回答】
ご相談者様はじめまして。専門分野「リフォーム・建築」を担当しております中村 寧 です。
宜しくお願いいたします。

今回、保険のご相談と言う事ですが念のため参考にして頂ければと思い、
簡単にブロック工事の価格をご提示させて頂きます。

・1m基礎込 = 190ミリ×120ミリ 4200円(税込)
但し解体撤去は別途となります。

あくまでも概算の為、ご依頼の際は現場調査後にお見積りをさせてください。

 

 

【税金の専門家からの回答】
今回のご質問に関し税金担当からは特にお答えする事はございません。

 

【不動産の専門家からの回答】
今回のご質問に関し不動産担当からは特にお答えする事はございません。

 

【住宅ローンの専門家からの回答】
今回のご質問に関し住宅ローン担当からは特にお答えする事はございません。

===================================

複数分野の専門家がくらしの中のお困りごとを解決する「すまいるファミリー」です。
松戸で「住宅ローン・税金・保険・リフォーム・不動産」にお困りの方、
専門家が無料相談に応じます。
ご興味・ご相談がありましたら、下記HPをご覧ください。

http://www.smile-family.jp/

 

Copyright © SmileFamiliy All rights reserved.