松戸で住宅ローン・税金・保険・リフォーム・不動産にお困りの方、専門家が無料相談に応じます。

3月 2013年 の記事

【メルマガ】 ~第82号~ 「40歳までに考えておきたいこと専門家からのアドバイス」「不動産編」


こんにちは。
聞いてみてよかった!
松戸のくらしのプロ集団『すまいるファミリー』です。

 

今回のメルマガ担当は、不動産・賃貸担当の川井です。

 

平成22年の国勢調査の結果によると、全国の持ち家比率は60%を
少し超えたところです。

 

また別のデータによると住宅購入時期については全体の半数以上が
30歳台に住宅の購入を決めているようです。

 

団塊ジュニア世代で人口が多いのも影響しているかもしれませんが、
10世帯中 6世帯が持ち家で、そのうちの半数が30歳代に住宅購入と
いうことは、まわりの方の10人に3人が30歳台で住宅を購入している
ともいえます。

 

住宅購入のきっかけは、家族構成の変化(結婚~出産~子供の成長)
にともない必要な部屋数が変わってきたり、仕事(収入)面でも安定し
てきたところで住宅ローンを利用しやすくなったり、転勤リスクの軽減
から賃貸より持ち家のほうが住宅費にお得感がある。といったところ
でしょうか。

 

また、住宅ローンについては期間35年間の権利獲得を考えると出来れ
ば40歳までに住宅取得をしておきたいところです。

 

家族の変化、収入の安定、これからの支出予想など様々な要件が重
なってくるのが、30歳代中盤~40歳代前半なのでしょう。

 

 

メルマガの内容に関するお問い合わせ先

 

http://www.smile-family.jp/info/index.html

 

===================================

複数分野の専門家がくらしの中のお困りごとを解決する「すまいるファミリー」です。
松戸で「住宅ローン・税金・保険・リフォーム・不動産」にお困りの方、
専門家が無料相談に応じます。
ご興味・ご相談がありましたら、下記HPをご覧ください。

http://www.smile-family.jp/

 

【メルマガ】 ~第81号~ 「40才までに考えておきたいこと 税金の専門家からのアドバイス」「税金編」


こんにちは。
聞いてみてよかった!
松戸のくらしのプロ集団『すまいるファミリー』です。

 

今回のメルマガ担当は、税金担当の田中です。

 

年代別に税金を考えるというテーマを受けて
30才まででは、税金を意識した習慣づけと長期的な見方が必要
という事をメインに書きました。

 

「40才まで」と税金というテーマでは、
30才までと同じく税を意識する事を、一番に取り上げたいです。

 

なぜなら1つには節税には、準備が必要だからです。
私たちは、税金の問題が発生すると過去の経緯をお聞きします。
それはどういった過程でその問題が発生したのかを考えるためです。

 

その過程によって、課税のされ方が異なったりします。
またその過程を証明する資料を保管されていますかとお聞きしたりします。
その資料が無いために、余計な税金を支払う羽目になったりすることも起きます。

 

もう一つは、税の優遇措置の殆どは、申告しなければ適用されないものが多い。
例えば、家を購入したら住宅取得控除という税金控除がありますが、
これも申告をしなければ適用されません。
そのほか認定長期優良住宅の新築、中古住宅の耐震工事なども
税の優遇措置が用意されておりますが申告が条件です。

 

30代からは、家を購入したり金融資産を持ったり、
何かと取得が多い年代に入ります。

 

消費促進のため税の優遇措置が用意されていたり、
あるいはそれが将来売却をされたり、
相続などで課税の問題が発生されたときに、
知らなかったでは残念ながら通らないものもあります。
そのためにも、税金に関心をもつ事をお勧めいたします。

 

最後に身近な相談が出来るところも多く用意されていますので、
疑問に思いましたら訪ねてみるのも良いかと思います。

 

参考 松戸市市民相談で、毎月行っております。

 

メルマガの内容に関するお問い合わせ先

http://www.smile-family.jp/info/index.html

 

===================================

複数分野の専門家がくらしの中のお困りごとを解決する「すまいるファミリー」です。
松戸で「住宅ローン・税金・保険・リフォーム・不動産」にお困りの方、
専門家が無料相談に応じます。
ご興味・ご相談がありましたら、下記HPをご覧ください。

http://www.smile-family.jp/

 

【メルマガ】 ~第80号~ 40歳までに考えておきたいこと専門家からのアドバイス 「住宅ローン編」


こんにちは。
聞いてみてよかった!
松戸のくらしのプロ集団『すまいるファミリー』です。

 

今回のメルマガ担当は、住宅ローン担当の中村諭です。

 

「まだまだ先でしょ!」

 

そんな声も聞こえてきそうですが、
30歳を越えたら考えて欲しいのが『自分は何歳まで働くのか?』ということです。

 

会社員であれば、60歳や65歳でしょうか。
中には55歳が定年という方もいらっしゃると思います。
自営業の方なら、70歳でも働いている方もいらっしゃいますね。

 

「長く働きたい」という理由から、
定年退職年齢の遅い企業への転職や、起業を考えるのもよいでしょう。

 

次に考えて欲しいのは『公的年金が何歳から受け取れるのか?』ということです。
場合によっては、収入の空白期間が生じてしまう方がいらっしゃいます。
『空白期間をどう過ごすのか?』考えるのに早すぎる事はありません。

 

そして、住宅ローンについても考えておきたい事の一つです。
近年、住宅購入者は30年~35年のローンを組むのが普通な時代です。
実際にはローンを組んだ後、数年経ってから、
繰り上げ返済をして完済時期を前倒しするのですが、この完済時年齢は何歳になりそ
うでしょうか?
住宅購入のきっかけの一つとして『ローンの完済時年齢から逆算してみる。』
これも40歳までに考えておきたい大切なことですね。

 

メルマガの内容に関するお問い合わせ先

http://www.smile-family.jp/info/index.html

 

===================================

複数分野の専門家がくらしの中のお困りごとを解決する「すまいるファミリー」です。
松戸で「住宅ローン・税金・保険・リフォーム・不動産」にお困りの方、
専門家が無料相談に応じます。

ご興味・ご相談がありましたら、下記HPをご覧ください。

http://www.smile-family.jp/

 

 

【メルマガ】 ~第79号~ 40才までに考えておきたいこと 保険の専門家からのアドバイス


こんにちは。
聞いてみてよかった!
松戸のくらしのプロ集団『すまいるファミリー』です。

今回のメルマガ担当は、保険担当の山野井です。

30才台は人生においての非常に大きな転換期です。

●ご結婚されてお子様がいる場合
まず第一にご家族の為にも死亡保障を充実させる必要があります。
万一時、残された家族の生活に影響を及ぼさない為に、まずは正確な『必要補償額』をシミュレーションし、

無駄や不足がないようにしましょう。

また教育資金や住宅取得の資金計画も必要になってきます。
大切なのは『早い時期からの計画』であり、後々からではプラン実行は難しくなりますので。

 

●ご結婚されてお子様がいない場合
ご家庭の状況や今後のお考えによって様々なことを検討。
共働きで十分なご収入があれば、独身の場合と同じように考えれば良いでしょう。
しかし、奥様がすでに退職されてようでしたら、ご主人の死亡保障を充実させる必要があります。

 

●独身の場合
優先順位としては自分の為の補償を検討する。
医療保険 ガン保険 等

 

万一時の死亡保険は一般的には必要ないが、
葬儀代や整理資金をご家族に迷惑をかけない為に終身保険を検討する。

 

一生涯の保障として200~300万位が妥当でしょう。
もし解約した場合は支払った保険料から返戻金があるので、
ご自身の積立にもなり、年金代替にもご利用できます。

 

●一生涯必要な病気・ケガ・がん補償を割安で健康なうちに

 

●夢への実現の為に
住宅取得や趣味(車や旅行)の為にも必要なのは資金計画です。
目的毎によって実行プランは違ってきますが、現金や保険(積立)の準備も。

 

☆どのような場合でも、家族間で良く話合いをし、今後の計画を立て、
正確なシミュレーションをしましょう。

 

ご自身に合ったオーダーメイド設計をする為にも、
それをコーディネイトする専門家が非常に大切になります。
長い人生の相談ですので、いかに信用・信頼できるコーディネイト役を
見つけるかが最大のポイントです。

 

『保険は選びは人選び』という言葉もあるくらいですからね。

 

あくまでも一般論ですが、ご参考まで!
メルマガの内容に関するお問い合わせ先
http://www.smile-family.jp/info/index.html

 

 

===================================
複数分野の専門家がくらしの中のお困りごとを解決する「すまいるファミリー」です。
松戸で「住宅ローン・税金・保険・リフォーム・不動産」にお困りの方、
専門家が無料相談に応じます。
ご興味・ご相談がありましたら、下記HPをご覧ください。
http://www.smile-family.jp/

 

Copyright © SmileFamiliy All rights reserved.