松戸で住宅ローン・税金・保険・リフォーム・不動産にお困りの方、専門家が無料相談に応じます。

6月 2016年 の記事

【メルマガ】 ~第248号~ 【 住宅市場の現状とこれから 】


こんにちは。

聞いてみてよかった!
松戸のくらしのプロ集団『すまいるファミリー』です。

◇◆ 今回のメルマガ担当は、建築・リフォーム担当の中村です ◆◇
http://www.smile-family.jp/team/profile03/index.html#a_path

関東も梅雨入り宣言がありましたが、
纏まった雨が降らずに水不足が心配されています。
みんなで水を大切に使用しましょう。

【 住宅市場の現状とこれから 】

住宅ストックの現状は、2013年度時点で6,063万戸あり、そのうちバリアフリー性、
省エネ性、耐震性の基準を満たす住宅は約200万戸で、
その他の住宅はリフォームによる性能向上や建て替え、
倒壊の危険のある空き家は除却する必要があるとされています。
そこで、国は補助金や減税などの優遇制度を設け、
性能を向上するリフォームや建て替え、
更に性能が向上した住宅の流通を促進しています。

例えば…

省エネリノベーションの補助金制度
・ 断熱性の向性
・ 高効率設備の導入

工事内容
・ ガラスの交換
・ 窓の取替え
・ 天井、壁、床の断熱材改修

エコキュート設置

例えば300万円の工事で100万円が補助されます。
工事費用の1/3(本年度上限未定)が補助金で交付されます。

その他さまざまな制度がありますので、
失敗をしない為にリフォームをお考えの時は
1度ご相談してください。

~ 中村 寧プロフィール ~

材木屋の長男として生まれ育つ
10歳の頃より父の会社を継ぐことを志す

学生時代は勉強と言うよりスポーツと遊びに明け暮れる

平成5年に社会へ出て5年間サラリーマン時代を過ごす
平成10年に株式会社大功へ入社

株式会社大功では材木を中心に建築資材販売を営みながら
リフォーム事業に進出する

メルマガの内容に関するお問い合わせ先
http://www.smile-family.jp/info/index.html

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

複数分野の専門家がくらしの中のお困りごとを解決する「すまいるファミリー」です。

松戸で「住宅ローン・税金・保険・リフォーム・不動産」にお困りの方、
専門家が無料相談に応じます。
ご興味・ご相談がありましたら、下記HPをご覧ください。

http://www.smile-family.jp/

【メルマガ】 ~第247号~ 【昔の我が家に残してきた「住宅ローン」】


こんにちは。

聞いてみてよかった!
松戸のくらしのプロ集団『すまいるファミリー』です。

◇◆ 今回のメルマガ担当は住宅ローン担当の中村諭です ◆◇
http://www.smile-family.jp/team/profile02/index.html#a_path

「社長!消費者庁からお電話です!!」
なんて、スタッフから言われて・・・

何かやらかしたかな??
と考えながら、電話に出てみると、

「現在、国会で住宅ローン関係の議論があるのですが、
消費者庁としての見解をまとめるに際して、
有識者の方からのご意見をお聞きしたい。」

というものでした。

お役所から電話と聞くだけで、なんとなく後ろ向きな感情になってしまうのは
私だけでしょうか?
という事で、近日中に消費者庁に行って参ります。
お役所からご指名が来るのは、嬉しいものですね。

それでは、今週のメールマガジンです。宜しくお願いいたします。

【 昔の我が家に残してきた「住宅ローン」 】

住宅ローンを組んで住宅を購入したものの、その後に転勤辞令が下ったり、
離婚していたり、、、

理由はさまざまですが、

【昔の我が家に「住宅ローン」が残っている】という方は、いらっしゃいませんか?

昔の住宅ローンなので、金利は高いと思います。
そこで、借り換えを検討したいものの・・・
自分はそこに住んでいない為、当然、住民票もそこには無く、
住宅ローンの借り換えをしたくても、できない・・・

当社にはこのようなご相談依頼もあります。
解決策は無くもないので、まずは、お気軽にご相談ください。

昔の我が家に残してきた「住宅ローン」ありませんか?

~プロフィール~

中村 諭(CFP認定者)

住宅ローンソムリエ(R)という、「住宅ローンの専門家」というビジネスモデルで、

千葉県から経営革新計画の承認を受けたFP事務所の代表をしております。

趣味は家族で休日に行う、BBQです。
最近、子供たちが火起こしも出来るようになり成長が嬉しい限りです。

メルマガの内容に関するお問い合わせ先
http://www.smile-family.jp/info/index.html

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

複数分野の専門家がくらしの中のお困りごとを解決する「すまいるファミリー」です。

松戸で「住宅ローン・税金・保険・リフォーム・不動産」にお困りの方、
専門家が無料相談に応じます。
ご興味・ご相談がありましたら、下記HPをご覧ください。

http://www.smile-family.jp/

【メルマガ】 ~第246号~ 【 空家に係る譲渡所得の特別控除の特例】


こんにちは。

聞いてみてよかった!
松戸のくらしのプロ集団『すまいるファミリー』です。

◇◆ 今回のメルマガ担当は、不動産・賃貸担当の川井です ◆◇
http://www.smile-family.jp/team/profile05/index.html#a_path

娘の運動会を観てきました。
今年も見事に定位置(ビリ)でした。ダントツで。

運動会の数日前に娘が小遣いを吹っかけてきました。

娘『徒競走で3位内に入ったら100円ちょうだい。』

私『いいよ。3位で100円。2位で200円。1位で300円あげる。』

私『でも、3位以内に入らなかったら今月の小遣いなしだぞ。』

娘『なんで!? ズルい!』

私『ズルくなんかないよ。世の中そんなに甘くない。』

と、世の仕組みを説くこと・・・15分。
小学校3年生の娘相手に。

娘『・・・わかった。3位に入ればいいんでしょ。』

はい。今月のお小遣いなし決定。

【 空家に係る譲渡所得の特別控除の特例 】

本年度4月から『空家に係る譲渡所得の特別控除の特例』と呼ばれる
税制度が新しく創設されました。

これは、相続した空き家を売却した場合にも、一定の条件を満たすと
譲渡所得の「3000万円の特別控除」が適用できるというものです。

条件としては、「1981年(昭和56年)5月31日以前に建てられた家屋
を耐震改修して売却するか、解体して更地で売却した場合」に適用を
受けられるというものです。

つまり、「旧耐震基準の危険な空き家を減らすことに協力した場合は、
減税してあげます」といったところでしょうか。

詳細な条件については、確認が必要です。

また、旧耐震の家屋にコストをかけて耐震改修しても、
コストに見合った価格で売却できる保証がないことから、
解体して更地で売却することが多くなると思います。

注意点としては、解体のタイミングだと思います。

更地になれば、固定資産税額は上がりますので、
できれば売却先が決まってからの解体の方が良いと思います。

売却の際には、専門家のアドバイスを受けるようにしましょう。

~川井 輝久のプロフィール~

出身地:千葉県松戸市
○ 松戸市立北部小学校卒
○ 松戸市立第一中学校卒
○ 松戸市立松戸高等学校卒

松戸生まれの松戸育ち。
松戸以外に住んだことがありません。
趣味:釣った魚を食べること。
(最近全く釣りに行けていませんが・・・。)

メルマガの内容に関するお問い合わせ先
http://www.smile-family.jp/info/index.html

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

複数分野の専門家がくらしの中のお困りごとを解決する
「すまいるファミリー」です。
松戸で「住宅ローン・税金・保険・リフォーム・不動産・法律」にお困りの方、
専門家が無料相談に応じます。
ご興味・ご相談がありましたら、下記HPをご覧ください。

http://www.smile-family.jp/

【メルマガ】 ~第245号~ 【 税制改正 】


こんにちは。

聞いてみてよかった!
松戸のくらしのプロ集団『すまいるファミリー』です。

◇◆ 今回のメルマガ担当は、税金担当の田中です ◆◇
http://www.smile-family.jp/team/profile04/index.html#a_path

晴れた日には、夏の日差しかと思うようになりました。
皆様はどう感じていられるでしょうか。

毎年、税制改正が行われますが、国が意図としている内容から
今の日本の状況がくみ取れる事があります。

今回の税制改正では、

三世代同居のためリフォームするとローン控除が出来るようになります。
この趣旨は、出産・育児などの不安を取り除くため、
世代間の助け合いを促進しようという意図がある
とされています。

違った切り口で見ると、共稼ぎ家庭が増加している。

また医薬品医療用から一般用に切り替えた場合(スイッチOTC)でも
医療費控除の対象となりました。
※スイッチOTCとは、元来医療用医薬品として使われていた成分の
有効性や安全性などに問題がないと判断され、
薬局で店頭販売できる一般用医薬品に転換(スイッチ)されたもの。

これも健康管理推進のためとされていますが、医療費の増加が
止まらない実情があるという事でしょか。

税制が変わったときその背景は何かと考えてみるのも、
税金が身近になる一つかもしれません。

~ プロフィール ~

出身:北海道
流氷の来る紋別の近くで生まれました。
大学は、工学部でしたが合わなくて、
途中から税理士の道に入りました。
常にポジティブ発想、
ポジティブ行動がモットーです。

メルマガの内容に関するお問い合わせ先
http://www.smile-family.jp/info/index.html

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

複数分野の専門家がくらしの中のお困りごとを解決する
「すまいるファミリー」です。
松戸で「住宅ローン・税金・保険・リフォーム・不動産・法律」にお困りの方、
専門家が無料相談に応じます。
ご興味・ご相談がありましたら、下記HPをご覧ください。

http://www.smile-family.jp/

【メルマガ】 ~第244号~ 【震災時の損害調査、自己申告を認める!?】


こんにちは。

聞いてみてよかった!
松戸のくらしのプロ集団『すまいるファミリー』です。

◇◆ 今回のメルマガ担当は保険担当の山野井です ◆◇
http://www.smile-family.jp/team/index.html#a_path

熊本地震から、もうすぐ2ヶ月を迎えようとしていますね。
この場をお借りして、このたびの地震により被害を被られた皆様には
心よりお見舞い申し上げます。

震災は予測が難しく、いつ誰が被害を被るか分かりません。
そのためにも備えは万全にしたいものですね。

それでは今週のテーマです。

【震災時の損害調査、自己申告を認める!?】

日本損害保険協会は、今回の熊本地震で被害にあった
木造住宅と家財の損害調査について、自己申告を認めると発表しました。

これは従来の全件現地立ち会いの調査を省力し、
地震保険の保険金支払いを早める狙いがあるためで、
実は2011年の東日本大震災時にも一部で実施されてます。

具体的には、

============================================================

契約者は申告書類に損害状況を記入し、
建物や家財の写真を合わせて損害保険会社に提出。

建物時価に対する損害割合が
3~20%未満の「一部損」か、
20~50%未満の「半損」と認められれば、
現地調査なしで保険金が支払われる。

50%以上の「全損」の場合は別に現地調査が必要となる。

自己申告を認める対象地域は定めていないが、
損保会社が早期の支払いが必要と判断した場合に限られる。

============================================================

というもの。

この自己申告により円滑な保険金支払いが進むことが期待されますね。

そもそも地震保険は国の制度で、実損害を補償する損害保険とは異なり
早急な支払いでの被災後の生活建て直しを目的とした、お見舞金的要素のものです。

では実際、地震保険への加入はどのように判断すれば良いのでしょう?
例えば住宅ローンがあり地震災害に遭った場合、住めなくなった時には
ローンと家賃の二重負担、建替えの場合は二重ローンも考えられます。

そうなると、その後の生活が成り立ちませんよね。
よって十分な貯蓄等により生活再建への不安がない方や
ちょうど建替えを検討している方以外は、
地震保険へのご加入を検討されることが望ましいと考えます。

火災保険では地震を原因とする火災(延焼含)・噴火・津波による損害は
対象にはなりませんので、今一度地震保険を付帯するかどうかも含め、
ご自身の補償内容をご確認されてはいかがでしょうか?

ご参考まで!

~山野井章のプロフィール~

出身:野田市
中学から大学まで陸上競技の走高跳びをやっておりました。
一応2M以上は飛んでました。
仕事に対しては生真面目だと自分では思っておりますが、
プライベートでは結構ファジーな方です(笑)

メルマガの内容に関するお問い合わせ先
http://www.smile-family.jp/info/index.html

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

複数分野の専門家がくらしの中のお困りごとを解決する
「すまいるファミリー」です。
松戸で「住宅ローン・税金・保険・リフォーム・不動産・法律」にお困りの方、
専門家が無料相談に応じます。
ご興味・ご相談がありましたら、下記HPをご覧ください。

http://www.smile-family.jp/

Copyright © SmileFamiliy All rights reserved.