松戸で住宅ローン・税金・保険・リフォーム・不動産にお困りの方、専門家が無料相談に応じます。

2月 2018年 の記事

【メルマガ】~第333号~【 賃貸借契約 】


こんにちは。

聞いてみてよかった!
松戸のくらしのプロ集団『すまいるファミリー』です。

 

◇◆ 今回のメルマガ担当は、法律担当の大原です ◆◇
http://www.smile-family.jp/team/profile06/index.html#a_path

 

みなさま

今日も寒い1日でした。今シーズンは本当に寒さが続きますね

この原稿を書いているのは2月14日なので、
今日はバレンタインデーです。

何の行事に由来するのか分かりませんが、
日本でもすっかり定着して一大イベントになっています。

ただ、いくらバレンタインデーだからといって、
職場でチョコレートを強要する行為は問題がありますので気をつけましょう(笑)。

 
 
 

【 賃貸借契約 】

 
 
 

さて、今回は賃貸借契約に関する話題です。

建物賃貸借において、建物の老朽化等により雨漏りが発生することがあります。

この場合、賃貸人は建物を修繕する義務があり(民法606条1項)、
賃借人は建物の使用ができなかった限度で賃料の支払いを拒絶することができます。

ですから、賃借人が建物全部を全く使用できなかった場合には、
賃借人は賃料全額の支払いを拒絶することもできるのです。

しかし実際には、建物の全てを使用できないような事態が起こることは稀ですので、
賃借人が賃料の支払いを拒む場合には注意が必要だと考えます。

また、賃料の一部の支払いを拒む場合でも、
予め賃貸人に対して不具合箇所の修繕を求めておくなど、
問題の解決に向けたアクションを取っておくことをお勧めします。

参考までに、漏水事故と賃貸借契約解除が問題となった裁判の
年月日を掲載しておきますので,興味がある方はご覧ください。

【東京高等裁判所平成21年10月29日判決】

以上

 
 
 

~ プロフィール ~

松戸市新松戸で大原綜合法律事務所を
開業しております弁護士の大原です。

当事務所では、相談者の皆様にキメの細かいリーガルサービスを、
早く、できるだけ安く、そして親切丁寧に提供したいと思っています。
あわせて、弁護士として、地域の皆様の為に何ができるかを考え、
積極的に地域貢献活動に参加して行きます。

メルマガの内容に関するお問い合わせ先
http://www.smile-family.jp/info/index.html

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

複数分野の専門家がくらしの中のお困りごとを解決する「すまいるファミリー」です。
松戸で「住宅ローン・税金・保険・リフォーム・不動産」にお困りの方、
専門家が無料相談に応じます。
ご興味・ご相談がありましたら、下記HPをご覧ください。

http://www.smile-family.jp/

【メルマガ】~第332号~【 既存住宅の流通・活性化 】


こんにちは。

聞いてみてよかった!
松戸のくらしのプロ集団『すまいるファミリー』です。

 
 

◇◆ 今回のメルマガ担当は、建築・リフォーム担当の中村です ◆◇
http://www.smile-family.jp/team/profile03/index.html#a_path

  
 
 

2018年も仕事始めから一カ月が経ちます。

皆様におかれましては、年始に掲げた目標はいかがですか?

弊社での全体朝礼で、今年の目標を確認し合いました!

あっという間に時は過ぎていきます。

自ら時間を使う意識が本当に大切だと実感し、

忙しさを言い訳にせず進んで行きたいですね。

 
 
 

【 既存住宅の流通・活性化 】

 
 
 

国土交通省住宅局からの予算案が決議されました。

平成30年度住宅局関係予算についての取組として4項目があげられます。

 

1. 既存住宅の質の向上と流通促進による住宅市場の活性化

2. 少子高齢化・人口減少に対した住まい・まちづくり

3. 火災などに強い安全な暮らしの実現

4. 良質な住宅・建築物の整備等

 

その際、新たな投資を促す誘発効果の高いもの、緊急性の高いもの、

民間のノウハウを活かした既存ストックを有効活用するものに重点的に支援し、

限られた予算のなかで最大限の効果の発現を図る。

 
 

今回は、1の既存住宅の流通・活性化について記載します。

 
【長期優良住宅化リフォーム推進事業】に国費42億円 前年度比 1.02倍

【住宅瑕疵等に係る情報インフラの整備事業】に国費1.2億

【住宅ストック維持・向上促進事業】に国費9.75億円

既存住宅ストックの長寿命化等に資するリフォームの取組を推進し

さらに既存住宅が市場において適切に評価される仕組みの開発などに

支援を行うことによりリフォーム市場の活性化を図る。

 

空き家対策の強力な推進の中には

【空き家対策総合支援事業】に国費27億円 前年比 1.17倍

市区町村による空き家の利用可能なものは利活用や壊すべきものは徐却し

総合的な空き家対策の一層の推進を図る。

また、空き家を有効に活用する為の耐震・安全基準等の相談等が出来る

法務・不動産・建築家との連携体制の構築にも力をいれて支援をおこなう。

以上になります。

 
 

素人では難しいことも多いですが、自分に合った国策を有効活用したいですね!

 
 
ご不明な点は、株式会社大功https://daikou-jp.com/
までご連絡ください。

 
 
 
 
 

~ 中村 寧プロフィール ~

材木屋の長男として生まれ育つ
10歳の頃より父の会社を継ぐことを志す

学生時代は勉強と言うよりスポーツと遊びに明け暮れる

平成5年に社会へ出て5年間サラリーマン時代を過ごす
平成10年に株式会社大功へ入社

株式会社大功では材木を中心に建築資材販売を営みながら
リフォーム事業に進出する

メルマガの内容に関するお問い合わせ先
http://www.smile-family.jp/info/index.html

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

複数分野の専門家がくらしの中のお困りごとを解決する「すまいるファミリー」です。
松戸で「住宅ローン・税金・保険・リフォーム・不動産」にお困りの方、
専門家が無料相談に応じます。
ご興味・ご相談がありましたら、下記HPをご覧ください。

http://www.smile-family.jp/

【メルマガ】~第331号~【 銀行交渉のプロ  】


こんにちは。

聞いてみてよかった!
松戸のくらしのプロ集団『すまいるファミリー』です。

◇◆ 今回のメルマガ担当は住宅ローン担当の中村諭です ◆◇
http://www.smile-family.jp/team/profile02/index.html#a_path

当社の所在地は「千葉県の市川大野」ですが、

東京の日本橋にも場所を構えており、週のうち、半分近くは

日本橋や銀座界隈に行くのですが、そこでよく出会うのが外国人の旅行者です。

 

そして、なぜだか分かりません。

私は外国人から話しかけやすい人なのか?よく道を聞かれます。

2020年に向けて、益々外国人の旅行者は増えますよね。

英語が苦手な私は、「中学生の息子に英語を教えてもらおうか」と、

本気で考え始めました。

 

【 銀行交渉のプロ 】

 

弊社は金融庁に登録をして「融資の仲介業」を仕事にしているFP事務所ですが、

珍しい業種のせいか、良く聞かれることに次のような事があります。

 

「専門家にお金を支払ってまで、依頼するメリットはあるの?」

 

銀行交渉は自分でもできそうですよね。

そこで、本日は専門家に依頼するメリットをお伝えします。

●専門家に依頼するメリット

「安くなる」

専門家に報酬を支払っても、トータルで見ると安く済むことは多くあります。

本人が銀行に行くよりも、弊社のような専門家を通すことで、

金利にして「0.1%」有利な条件を獲得できれば、それで充分にメリットがある、

そのようなご依頼はこれまでにも多々あります。

 

「時間」

あなたが仕事をしている間や家族と団らんのひと時を過ごしている間、

忙しいあなたに代わり、専門家が動きますし、より効率的に活動しますので、

時間を節約するメリットが生まれます。

 

現代社会において、本当に裕福な人は「お金」よりも「時間」を自由に使える人

とも言われますね。

 

「安心」

自分がやると、どうしても不安なことがあったり、

相手(今回のケースでは銀行)の方が、海千山千のプロなので

そのプロ相手に、より有利な条件を得ることができるのか?

本当に、最適な結果だったのか?

自分一人ではどうしても不安が残ります。

そのような時に「なぜ、銀行はあのような話しをするのか?」

専門家がサポートすることで、話しの意図を解説しながらことを進める事が可能です。 

 

実は、これ、当社だけに限らず、

弁護士や税理士といった専門家への依頼も同様ですね。

専門家を上手に使う。

 

今の時代、必要なことだと思います。

~プロフィール~

中村 諭(CFP認定者)

住宅ローンソムリエ(R)という、「住宅ローンの専門家」というビジネスモデルで、
千葉県から経営革新計画の承認を受けたFP事務所の代表をしております。

趣味は家族で休日に行う、BBQです。
最近、子供たちが火起こしも出来るようになり成長が嬉しい限りです。

メルマガの内容に関するお問い合わせ先
http://www.smile-family.jp/info/index.html

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

複数分野の専門家がくらしの中のお困りごとを解決する「すまいるファミリー」です。
松戸で「住宅ローン・税金・保険・リフォーム・不動産」にお困りの方、
専門家が無料相談に応じます。
ご興味・ご相談がありましたら、下記HPをご覧ください。

http://www.smile-family.jp/

【メルマガ】~第330号~【 生活環境と家選び 】


こんにちは。

聞いてみてよかった!
松戸のくらしのプロ集団『すまいるファミリー』です。

◇◆ 今回のメルマガ担当は、不動産・賃貸担当の川井です ◆◇
http://www.smile-family.jp/team/profile05/index.html#a_path

今、外は雪が降っています。(1月22日です。)

結構、吹雪いています。

ネット情報では、電車が遅れ始めています。

子供のころは、ワクワクしたものですが、大人になると憂鬱になるばかりです。

明日は大丈夫かな?

このままだと雪掻きスタートの予感です。

【 生活環境と家選び 】

近年、共働き世帯の増加に伴い、家選びの基準は『駅近』がポイントに

なっています。いわゆる『職住近接』というものです。

このニーズは当然、家を供給する側にも反映されます。

私の生活圏(松戸市内)でも駅近に大型マンションの建設が多く見受けられます。

特に松戸駅の周りはマンションだらけという印象です。

この現象で何が起きているのか。

小学校の生徒数規模の差です。

大型マンションが一つできると、そのマンションには数十人、

規模によっては百人単位の子供が暮らし始めます。

そんなマンションが同じエリアで何ヶ所も建設されれば、

たちまち小学校はいっぱいになってしまいます。

一方で市内郊外では、高齢化が進み、子供の数が減少するばかりです。

小学校によっては、1学年1クラス、学年生徒数30人に満たない学校もあるようです。

小学校6年間クラス替えはないでしょう。

逆に仲間意識は強くなるのでしょうか。

この差が何を意味するかは、専門家ではない私にはコメントできませんが、

今後の家探しのポイントの一つにはなってくると感じました。

~川井 輝久のプロフィール~

出身地:千葉県松戸市
○ 松戸市立北部小学校卒
○ 松戸市立第一中学校卒
○ 松戸市立松戸高等学校卒

松戸生まれの松戸育ち。
松戸以外に住んだことがありません。
趣味:釣った魚を食べること。
(最近全く釣りに行けていませんが・・・。)

メルマガの内容に関するお問い合わせ先
http://www.smile-family.jp/info/index.html

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

複数分野の専門家がくらしの中のお困りごとを解決する
「すまいるファミリー」です。
松戸で「住宅ローン・税金・保険・リフォーム・不動産・法律」にお困りの方、
専門家が無料相談に応じます。
ご興味・ご相談がありましたら、下記HPをご覧ください。

http://www.smile-family.jp/

Copyright © SmileFamiliy All rights reserved.