メルマガ建築・リフォームの専門家

太陽光発電【建築リフォーム】第416回メルマガ

こんにちは。

聞いてみてよかった!
松戸のくらしのプロ集団『すまいるファミリー』です。

今回のメルマガ担当は、建築・リフォーム担当の中村です。

地震大国の日本、近年では台風やゲリラ豪雨による災害なども多く、つい先日の台風も千葉県に大きな爪痕が日を追うごとに明らかになり被害の大きさに驚きました。

そして、現代の生活において電気、電波の依存度がいかに高いかを知る事にもなりました。

今後も自然災害がいつ、どこで起きるかの予測などできるわけもなく各々が万が一に備えて準備をしなければならないという事になります。

今回は、太陽光発電に関する事に触れて見たいと思います。

【太陽光発電】

この度の被災地でも太陽光発電を搭載してあるお宅の様子が随分と報道されました。

今までは、家で使用しない余った電力を電力会社に売ることが主流でしたが、この先は電力買い取り価格が大きく下がる事で、電力を売電することでなく発電した電力を自宅で消費して電力会社から電気を出来るだけ買わないで生活する方向が変わって来ました。

ご存知の方も多いと思いますが、太陽光発電で作られた電気は貯めておくことができないので、使うか、売るかを選ばなければなりませんでしたが、蓄電池という商品が普及して来たことで昼間発電した電力を貯めて夜間使用することができるようになりました。

今や電気は、私たちの生活に必要不可欠なライフライン、食事やトイレなどの生活面に支障をきたし不便になるだけでなく、夏の暑さや冬の寒さなどの家族の命にも関わってくるかもしれないと言う事です。

災害時に自力で電力を発電、利用できるのが太陽光発電です。

太陽光さえあれば電気を生み出してくれる可能性は高いですね。

しかし、太陽光発電にも弱点があります。雨天、夜間には発電しない事です。

その弱点を補うのが蓄電池となるわけです。

そもそも蓄電池も大きさ(容量)によって貯められる電気量や購入価格も異なってくるので自宅にどの大きさを選択すれば良いかを検討しなければならないと言う事です。
安易に蓄電池設置に走るのは賢い選択にはならないと思います。

既にご自宅に太陽光発電が搭載されている。
これから新規に太陽光発電、蓄電池の設置を検討されている。
新築住宅に太陽光発電、蓄電池を検討したい。
電気自動車購入検討。
家族構成、ライフラインと様々な検討課題があると思います。

現在少し価格が下がったとはいえ蓄電池はまだまだ高価なもので、家族4人が停電時に平常に近い電力量(使用料の個人は考えないものよする)をまかなおうとするならば8〜10Kw相当の蓄電池が必要になり価格も200万円+αになる事でしょう。

簡易的な4Kw相当の蓄電池でも100万円以上掛かるのが今の相場感です。

蓄電池の需要が増加傾向にあるうちは価格が下がることはないと思いますので、十分な検討が必要と思います。

最後になりましたが、このたびの台風15号による被害に遭われた皆様に対して心からお見舞い申し上げます。

~中村 寧のプロフィール~

材木屋の長男として生まれ育つ
10歳の頃より父の会社を継ぐことを志す
学生時代は勉強と言うよりスポーツと遊びに明け暮れる
平成5年に社会へ出て5年間サラリーマン時代を過ごす
平成10年に株式会社大功へ入社
株式会社大功では材木を中心に建築資材販売を営みながら
リフォーム事業に進出する

メルマガの内容に関するお問い合わせ先
http://www.smile-family.jp/info

複数分野の専門家がくらしの中のお困りごとを解決する「すまいるファミリー」です。
松戸で「住宅ローン・税金・保険・リフォーム・不動産」にお困りの方、
専門家が無料相談に応じます。
ご興味・ご相談がありましたら、HPよりお問い合わせください。
http://www.smile-family.jp/